カテゴリー「音楽」の5件の記事

2009年3月 8日 (日)

やっぱり、音楽っていいですね。

昨夜浜松から戻り、本日は音楽鑑賞。

やなか音楽ホール(台東区谷中)へ。

曲目はピアソラ(Astor Piazzolla)中心。

タンゴ+クラシック+ジャズ??

かっこいい!という印象。

低音の響きも心地よい。

中でも、「タンガータ」「アディオス」が気に入った。

楽曲はもちろん、会場も素敵なところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

ピアノの発表会

今日は娘のピアノ発表会。通っている教室はピアノだけでなく、バイオリン、フルート、ボーカルなど何でもありなので、様々な楽器の演奏を朝から夕方まで堪能してきました。

楽曲は小犬のワルツ(ショパン)です。

4_2

 


Photo by EOS 20D

ホールで使うピアノってスタインウェイ(STEINWAY & SONS)のグランドピアノが主流ですね。YAMAHAのピアノを見た記憶がありません・・・・
娘が自宅のアップライトピアノより軽くて弾きやすいって言っていました。構造の違いでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

平井堅 FAKIN' POP やはり購入してしまいました

先週の予告通り?初日に購入してしまいました。
久しぶりのアルバムと言うことで濃厚、思ったとおりの内容で満足しています。どの曲も抜かりなく質の高いアルバムだと感じています。早速ipodに入れて通勤時に楽しんでいます。

彼から歌を取ったら怪しい感じの人ですが、その分??歌にはまじめですね・・・・。私はそう感じます。

平井堅関連はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

ピアノのレッスン

今日は娘をピアノのレッスンに連れて行きました。
発表会が20日にあるので本格的な追い込み?です。
本当はyuripapaは一旦自宅に戻ろうと思ったのですが、先生から観ていくことを勧められ部屋に入ることになりました。
先生の指導をみていると、正確に弾くことだけに拘るのではなく、その楽曲の情感を表現することを大切にしていることがよくわかりました。うちの子は今回の「小犬のワルツ」にあわせ簡単な絵本を描き、自分なりのイメージを作っています。

技術に走るだけではなく、豊かな表現力で組織の運営を円滑にする・・・仕事にも当てはまることだな、なんて考えてしまいました。

それから、先生が個性的。上野樹里演じるドラマ「のだめ!?」のような口調・雰囲気で、指導を観ているのも楽しいものです。やさしい先生の下、娘はピアノを楽しんでいます。幸せ者です・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平井堅 いいですねぇ

昨日、テレビのチャンネルを適当にかえていたら「僕らの音楽」で平井堅が出ていたので、急いで録画。今日内容を観ました。歌声、表情、トーク・・・やっぱりいいですねぇ~。

この番組の影響を受けて、以前購入したDVD「Ken Hirai Films Vol.4 LIVE TOUR 2001 gaining through losing at the BUDOKAN」を出してきてもう一度視聴。
このDVDの最後の曲(アンコール曲)がいいのです。「even if」という曲ですが、感情が高まって涙ながら、詰まりながら、平井堅が歌います。

3/12にはニューアルバム「FAKIN' POP」リリース。この勢いで、たぶん購入してしまうでしょう。
テレビの方では、明日の「Music Lovers」(NTV)、3/12「SONGS」(NHK)と続き、3/21には「僕らの音楽」(FNN)に出演。

楽しみが続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)