カテゴリー「旅行・地域」の28件の記事

2009年8月11日 (火)

ふきや 1

朝ご飯のあのお米が食べたくて、また行ってしまいました。

場所は湯河原。

ふきや」さんです。

 

今回は一番広いお部屋(Aタイプ)に破格のお値段で宿泊できました。

早速お部屋へ。廊下の一番奥です。

005
Photo by EOS 50D

 

なんと、踏込み3畳+和室10畳+8畳+広縁8畳で74平米。

まずは、踏込み&前室。余裕があります。

004

 

お部屋は窓が大きくて明るいのです。

006

夕方はこんな感じ。

003

002

010

 

広縁には素敵な椅子が・・・。

デンマークの椅子がこのお宿の特徴でもあります。

部屋にあったのは巨匠オーレ・ヴァンシャーのチェア。

すばらしい。

000

気持ちいいですよ~。

001

 

次の記事でお料理について書きますね。

料理も凄いですよ。

 

【おまけ】

お風呂や洗面です。

007

白磁のボールには絵柄が・・。

そして水栓はアルネ・ヤコブセンデザイン(デンマークVOLA社製)。

009

008


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

小田原城

週末、小田原城に行ってきました。

朝から雨が降って、スッキリしない天気です。

003
Photo by EOS 50D

 

お城からの眺め。

気持ちいいですね。

005

 

なんと、このお城には象が住んでいます

象(ウメ子)は昭和25年(推定3歳)の時に日本に来て、現在推定62歳とのこと。

井の頭自然文化園のはな子とどちらが高齢か分かりませんが、いい勝負らしいです。

004

正確に言うと、動物園が併設?されているのです。

 

自然が豊かです。

蝉の抜け殻が大量に・・・

蛇、トカゲ・・・も

002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

葉山ボンジュールでのランチ

葉山で一泊。

早朝の相模湾。

とっても広い空が眺められました。

気持ちいいです。

Bonjour001_2
Photo by EOS 50D

実は正面に富士山が写っているんですよ。わかりますか?

 

お昼には手作り欧風パンの店「葉山ボンジュール(HAYAMA BoNJoUR)」に。

Bonjour005_2

このお店、パンで有名ですが、パンについては次の記事に・・・

で、お料理の方をご紹介。

豚ばら肉のコンフィ 野菜の煮こみと温泉玉子添え(1500円)を注文。

コンフィの語源って「保存する(confire)」らしいですね。

油脂に浸し80℃程度の温度でゆっくり加熱調理するようです。

Bonjour002_2

あぶらギトギト&お肉はとろーりと溶けてしまうのかと思ったら、そうでもなく、結構サッパリとしていて、しっかりとした歯ごたえのあるものでした。

味付けも濃くなくて、美味しかった~。

玉子、野菜と一緒に食べるのもありですね。

 

デザート(ドリンクとセットで630円)はリンゴのコンポート。ホワイトチョコレートのムースが添えられています。

Bonjour003_2

Bonjour004_2

ちなみに、料理にはパンが付いてきます。もちろん食べ放題

 

コース料理でもないのにランチに2時間弱かかりました。

お急ぎの方には向きませんが、のんびりと葉山タイムを楽しむには良いお店です。

ランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願いします。
私の口コミはレビュアー名「yuripapa」で検索できます。
食べログ グルメブログランキング
下のボタンであれば、直接yuripapaに飛びます。
食べログ グルメブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

翠松園 朝食

翠松園夕食の記事からの続きです。

 

夕食と同じレストラン「紅葉」の個室での食事。

瓦屋根の建物が「紅葉」(翠松園)です。

008
Photo by EOS 50D


和食と洋食から選べるのですが、和食を選択。

まずはフレッシュジュースです。

003

そして、お豆腐。

普段は(飽きてしまって)これほどの量の豆腐は食べられないのですが、おいしくて完食。

002

そして、メイン?。
派手さはないですが、美しくまとめられています。

006

そして、焼き魚が別の器に並べられました。

特に鯛が美味い!

005

御飯はおかゆも選べます。

これ↓で一人前です。

004

食後の飲み物。

紅茶はもう少し勉強をしたほうがよいですね。

味が薄く、香りが弱いですね。

007

おまけ・・・

おしぼりがこの上に積まれていました。

かっこいいです。

001

おまけ2・・・

ラウンジです。

009


ランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願いします。
私の口コミはレビュアー名「yuripapa」で検索できます。
食べログ グルメブログランキング
下のボタンであれば、直接yuripapaに飛びます。
食べログ グルメブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

翠松園 露天風呂

お部屋の記事からの続きです。

この宿は全室に露天風呂(半露天風呂!?)がついています。

それも掛け流し。(入浴剤などは使っておらず、温度調整のために加温、加水のみ実施)

 

洗面を通り、シャワールームへ、その先に露天風呂があります。

010
Photo by EOS 50D

浴槽はとても大きく、4人ぐらい入れるほど。

お湯は常時流れています。

009

なんとテレビまで。地デジ対応の綺麗な映像でした。

011

ここのお湯はとても体が温まります。寒い季節には最適です。

 

ちなみに、大浴場もあります。しかし、お部屋に立派なお風呂があるので利用価値は??です。

 

次は「夕食」についてご紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翠松園 お部屋

一泊二日で箱根に。

とても良い天気、富士山も綺麗です。

001_3
Photo by
EOS 50D

宿泊は「翠松園(すいしょうえん)」。

かつての三井家の別荘「翠松園」が敷地内(現在はレストラン・バー)にあります。

寒い中、宿の前には係の人が。バレーパーキングサービスなので車を預けて宿の中へ。

チェックインの手続きを行わず直接部屋に通されました。

 

お部屋は「福」(さいわい)。

プレシャススイートというカテゴリーらしいです。

 

玄関で靴を脱ぐところが、一般的なホテルとは違いますね。

突き当たり右がリビング・ベッドルーム、左が洗面所・露天風呂。

005

 

リビングルーム・ベッドルーム。

006

とても大きなベッドです。幅2200mmもあります。

002

テレビは大型の液晶テレビ。

DVDプレイヤーやスピーカーセットもありました。

このソファーに座って、お茶を飲みながらチェックインの手続き。

003

棚の上には、CDプレイヤーやエスプレッソマシン。

CDプレイヤー、小さい割りにはいい音出します。

004

エスプレッソマシン。

コーヒー、紅茶、冷蔵庫の飲み物(アルコールも含め)すべてフリーです。

008

お部屋の備品は、どれも素敵なものでした。

スリッパ、浴衣、バスローブ、パジャマ、ドライヤー2種類・・・

 

我が家は空調による乾燥に弱いので、加湿器をセットしてもらったりもしました。

快適に過ごせそうです。

次は「お部屋の露天風呂」についてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

鎌倉

日帰りの鎌倉旅行。

休日はどこに行くにもクルマなのですが、今回は「渋滞が激しそう」「道が狭そう
」「駐車場探しに苦労しそう」と考え、珍しく電車の旅。

それも昼過ぎに出発なので、かなりハード。

 

せめて電車(湘南新宿ライン)ではリラックスしよう。ということでグリーン車へ。

012
Photo by EOS 20D

事前にSuicaにグリーン券を書き込んでおき、乗車後、好きな座席の天井パネルにタッチします。

便利ですね。よく考えてあります。

001_3

駅の「らぽっぽ」で「メープル香るつぶつぶ栗のスイートポテト」を購入。

このスイートポテトは2層構造。中心部はトロッとしていて栗も入っています。冷やして食べるとなお美味しいです。

002_2

鎌倉に到着。まずは江ノ電に乗って鎌倉大仏を。

003_2

目茶苦茶混んでいました。鎌倉駅から乗車できない人がいるぐらい。

単線かつ編成も短いので、解決方法もないのでしょうが。

004

長谷駅からは10分ぐらい歩きます。

歩道が狭いので、歩きにくいですね・・

005

大仏を手の上に。

006

帰り道、和紙のお店「よひら」に。

007

戻りの電車もひどい混雑。バスで鎌倉へ戻るのも手ですね。

そして、鶴岡八幡宮へ。

参道をひたすら歩きます。

008

参道の左右には道路。その向こうにはお店が軒を連ねています。

途中、鳩サブレの豊島屋の本店が。

写真上部、鳩がくりぬかれているのが分かります?

目の部分が赤のランプ、おもしろいですね。

009

鶴岡八幡宮に着いた頃には、もう薄暗くなっていました。

011

010

夕食は、コアンドル。いい店ですよ。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

やっと自宅に戻りました

ただいま戻りました。
さて、写真の整理を!と言いたいところですが、ヘトヘトなので週末にまとめて掲載します。
もうしばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

京都旅行 ⑭ 4日目 嵐山と保津川下り

前の記事(京都旅行 ⑬)はこちら

今日は嵐山方面へ。

目的は、保津川下りです。

出発前に、まずはお宿のチェックアウト。とてもアットホームな見送りを受けました。

これまで、いろいろな宿に泊まりましたが、柊屋は特に人のふれあいを強く感じられる素敵な宿でした。

さて、本題の保津川下り。ルートは、市役所前→(地下鉄)→二条→(JR)→嵯峨嵐山・トロッコ嵯峨→(トロッコ列車)→トロッコ亀岡→(バス)→保津川下り乗船場→(船)→嵐山下船場→(JR)→京都駅。

102

二条駅。とってもユニークな造りです。

101Photo by EOS 20D

二条駅でトロッコ列車の予約を入れたところ、予定していた列車は満席。やむを得ず、1時間後の列車を予約。この1時間を活用して、嵐山の竹林散策と野々宮神社参拝をしました。

103

下は野々宮神社です。

104

残念だったのは、竹林散策時、車が何台か通ったことです。う~ん、ムードがないですね。生活道路としての利用は理解できますが、観光タクシーで通るのは??です。観光目的ならば、他の観光客の気持ちも考えるべき=「歩くべき」です。

トロッコ嵯峨からトロッコ列車に乗車。

105

保津川に沿って走るので、途中、保津川下りの船が見えます。

106

そして、保津川下りのの出発地点、亀岡です。

107


ここから下は未完成です。

川下り、結構楽しいです。難を言えば料金が3900円と高いことぐらいでしょうか。

最近は川の水が少なくて下るのに時間がかかるそうです。今回は1時間40分を要しましたが、早いときには1時間かからないとのこと。そして、早い=スリルがあるらしいです。

109

船上からトロッコ列車を見上げたところです。

108

下船直前に売店の船が近づいてきます。イカ焼き、おでん、みたらしだんごなどは船の上で調理しています。

これで旅は終了。

帰りの新幹線は、昨日からの大雨でダイヤが崩れていました。だからという訳ではないのですが、まっすぐ東京に戻らず、某所に途中下車。

明日、東京に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都旅行 ⑬ 4日目 柊屋のお部屋いろいろ

前の記事(京都旅行 ⑫)はこちら

柊屋の部屋などのご案内です。

 

【お茶室 Room No.36】

お茶室なので4.5畳と広くありませんが、落ち着く場所です。
チャップリンやアランドロンも利用されたとのこと。

096Photo by EOS 20D

小さいお庭ですが、奥行きがあります。

095
Photo by EOS 20D

 

【Room No.33】

三島由紀夫がよく滞在されていたお部屋らしいです。
10畳+6畳に広縁付きです。

全面お庭が眺められ、手が届きそうな池には立派な鯉もいます。

097Photo by EOS 20D

 

【Room No.14】

こちらは川端康成が愛用のお部屋。
10畳+4.5畳に広縁付きです。

098Photo by EOS 20D

【廊下】

092Photo by Cyber-shot DSC-T30

 

【新館の大広間】

おもいっきりレトロな旧館の隣には新館もあります。

旧館には築100年以上?のお部屋もあるくらいなので、新旧の差に驚きます。

このスペースは柱がない構造です。全面ガラス張りで開放感があります。

100Photo by EOS 20D

 

【玄関付近】

私は詳しくないですが、NHK朝の連ドラ「どんど晴れ」の加賀美屋の横額と同じ「来者如帰」(来るもの帰るがごとし=お客様が自宅に帰ってきたかのようにくつろげるおもてなしを)です。

たしかに、堅苦しくなくリラックスできる良い宿でした。

記念写真にも応じてもらえるなど、女将も気さくな方でした。

また利用したいですね。

099Photo by EOS 20D

さあ、出発です。

次は、嵐山&保津川下りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)